リュネヴィル窯で19世紀後半に作られた、

FELIX POTIN PARISのコンフィチュールポット(ジャム用)です。

 

FELIX POTINとは、1844年、フェリックス・ポタン氏によって、パリ9区に創業した店の名称です。

まだ会計や品質面で不正の多かった1800年代の食料品業において、お客に事前に値段を表示し、適正な値段で販売するという当時としては画期的な方法で、パリ市民から支持を得て、現在のスーパーマーケットの先駆けとなったお店でした。

 

当時はジャムは量り売りで購入していたので、ジャムがなくなると各自ポットを持参し、売り場で好きなジャムを入れてもらっていたそうです。

 

そんな風に使われてきた、年季の入ったジャムポット。

長年の使用によってできた着色や、ヒビが見受けられますが、

こちらのお品の味として愛でていただける方に、ぜひともお手にとっていただけたら幸せです!

 

レア度 ★★★★☆

状態  ★★★☆☆

 

別途フランスからの送料がかかります。

ご配送代目安 2000円

FELIX POTIN PARIS コンフィチュールポット

¥12,000価格
  • 高さ; 13.5cm 直径; 9.3cm 内径; 8cm 重さ; 666g

0